本文へスキップ

カフェやケーキ店に最適な店舗デザインとは。

カフェなどの店舗デザイン

カフェの店舗デザイン

飲食店の店舗デザイン/カフェの店舗デザイン

多くの飲食店ではお店作りの段階であるコンセプトを決めて、それに沿った店舗 デザインを考えていくことになります。 喫茶店やインターネットカフェではこのコンセプトはそこそこ重要で、獲得したい 顧客に合わせてそのイメージを形にしていきます。 穏やかな風の吹く祭日に立ち寄りたくなるカフェ、のようにお店のコンセプトが 決まったら、それに合わせて内装やインテリア、客席の配置を決定しましょう。 とにかくたくさんのお客さんを入れれるようにして売上を伸ばしたい、お金を 稼ぎたいというのなら遊び心は極力省いて、質素な内装と外装で開業費用も抑え、 その分広い店内スペースを確保できるようにしたりテーブルを多めに買って 客数を伸ばせるようにします。 どんなお店にしたいか、それによって理想の店舗デザインは違ってきますから まずはそこから考えることになるのですが、喫茶店は飲食店の中でも自分の持って いるイメージを反映させやすいのできっと楽しい思案タイムになるでしょう。


ケーキ屋の店舗デザイン

何を販売しているのか商品を確認しなくても、ケーキ屋さんは店内の雰囲気で なんとなく分かってしまうものです。 いいことがあった時にお祝い用にケーキを買いにくるお客さんが多いので、その 気分に合わせた店舗デザインにするのがベターでしょう。 女性客も多いですし華やかで楽しくなるような内装にするのが一般的で、もしも 辛気臭い店内だと売っているケーキまでおいしくなさそうな気にさせられてしまう ので、あまり無茶なコンセプトで設計するのは避けておきましょう。 魚屋さんや肉屋さんのような店舗デザインのケーキ屋さんでは、どんなに味に自信 があっても客足は遠のくことになります。 ショーケースの中の商品をおいしく見せるようにも気をつけ、また店外からも どんなケーキがあるのか見えやすいとなおグッドとなります。 ショーケースを照らす照明も考え、ただの通行人だろうがケーキ目当てのお客さん だろうが全ての人にアピールできるように設計しましょう。


洋食屋の店舗デザイン

最近では気軽に洋食屋さんで食事をされる若者やファミリーも多いので、あまり 気合を入れてオシャレな店舗デザインにしようと力むのはよくないかもしれません。 それよりもカジュアルな雰囲気でいつでも入れるような雰囲気の、フレンドリーな お店を印象付けたほうがリピーターも増えていいでしょう。 深海魚のお料理をメインにしているから海底をイメージさせる内装にしたい、とか 特別なメニューをウリにするのでない限りは、親しみやすい雰囲気を目指すのが いい結果を得ることになるのです。 コースで5万円、というような高級店なら話は違ってきますが、たまに家族で 外食に使われるようなお店の場合は、落ち着けるか、寛げるかが重要なのです。 子供がコップの水を零しても笑顔で対応してくれる、そんな気がする優しいお店 の方が気軽に利用してもらえるからです。 メニューやターゲットに合わせてではありますが、普通の洋食屋さんならあまり 変わったことはせずともよいでしょう。