本文へスキップ

オフィス・店舗デザインでも飲食店の種類によって理想のデザイン・設計があります。

各ジャンルに適した店舗・オフィス設計などを紹介するサイト『飲食店の店舗デザイン』

『飲食店の店舗デザイン』は飲食店ごとの店舗・オフィス設計などについて解説します。

お店やオフィスの印象は見た目によるところが大きいです。事務所にしろ、ショップ・店舗にしろ、その業種に合ったオフィスデザインまたは店舗デザインをする必要があります。 もちろん社長やショップオーナーの希望がデザイン・設計の基本ラインとなりますが、やはり店舗(オフィス)デザインを数多く手掛けている設計事務所やデザイン事務所に依頼して 進めていくのがベストです。このサイトでは店舗デザインの中でも、飲食店に特化して解説・紹介していきますので、これからお店開業を考えている方は参考にしてください。

カフェなどの店舗デザイン

  • おしゃれな飲食店の店舗デザインで気をつけたいポイントは、そこにいることが 嬉しくなるような居心地の良さを提供できるかどうかでしょう。 そのお店にいることを自慢したくなるような雰囲気が最高で、間違っても恥ずかしい と感じさせてしまうようではいけません。 「大切な人と一緒気来たいな、今度の休みに誘ってみよう」と思われるような 店舗設計のお店であるべきで、主に狙っている年齢層に標準を合わせてハートを 鷲掴みできるようなお店を心掛けましょう。

麺類・中華

  • 麺類が好きな人は週に3日はお蕎麦やラーメンを食べますし、カップラーメンまで カウントに入れても良いのなら月に30回は麺類を食すという学生さんもいる でしょうから、よほど無謀な挑戦をしない限り麺類のお店は近所の住民が常連に なる可能性が高いジャンルであります。 麺類のお店は軌道に乗ればリピーターがやってくる間隔も短いので、そのことも 踏まえた店舗デザインをするのがいいでしょう。 また中華料理屋とラーメン屋が同じお店だと思っている人は飲食店経営者には いないでしょうが、念のため分けて解説します。

和食屋の店舗デザイン

  • ちょっとした仲間との集まりでも利用されやすい和食屋さんですが、場合によって は親戚が一同に会するイベント時にも活躍しますのでそれなりに高級感があった ほうが喜ばれるでしょう。 和食と言っても幅は広いですし、メインに提供するお料理によっても店舗デザイン は同じではなくなりますので、その辺も考えなければなりません。 また個室なのか、カウンター席なのかといったことも無視はできませんし、業種だけ を参考にせす自分がもてなされるつもりになって店舗設計を行いましょう。

夜の店舗デザイン

  • 主に暗くなってからの時間帯、夜に営業するオトナのお店はメニューよりも 店内の雰囲気やスタッフの能力が売上に直結するので、店舗デザインもそこを 理解したうえで設計することになるでしょう。 スタッフがサービスを効率的に提供できるよう、そしてお客さんが気分良く時間を 過ごせるようにして、何度も通ってもらえるようにするのです。 アルコールを提供することになるのでトイレに行かれる回数もきっと多く、ここも 力の入れ所になりますからゴージャスな便器を備えるも良さそうです。

ナビゲーション

名古屋の店舗デザイン
オフィス・カフェ・美容室などの店舗設計、デザインを数多く手掛けています。
バナナDEザイン
名古屋市西区砂原町102
http://www.877design.com/